" />

REAL TECH FUND

リアルテックファンドから、光渦レーザーを利用したマイクロニードルを開発するシンクランド社に出資を実施いたしました

2016.09.07
TwitterFacebook
thinkland_press

リアルテックファンドの投資先として、新たなマイクロニードルである中空型マイクロニードルを開発するシンクランド株式会社への出資を実施したことをお知らせします。

マイクロニードルは、マイクロサイズに形成された微細な針であり、皮膚表面に適用することで、無痛針として医療用途への展開や、化粧品の皮膚浸透率を高めるなどの展開が期待されています。

シンクランド社は、千葉大学・北海道大学が保有する光渦レーザー加工技術の独占実施権を得て、新たなマイクロニードルを開発するベンチャー企業です。特殊なレーザー光源で発生させた光の渦を素材に当てることによりマイクロニードルを形成する方法は、幅広い素材での加工を可能にするとともに、針の中を空洞にした中空マイクロニードルを形成できる新しい加工技術です。この技術は様々な応用が期待されていますが、例えば、生体吸収性材料を用いた体内で溶ける無痛針として中空マイクロニードルをインスリン注射に用いることで、糖尿病患者が日常的に行う従来のインスリン注射に伴う苦痛を軽減し、飛躍的なQOL(Quality Of Life)の向上が期待されます。さらに、撥水効果による表面改質、痛みの伴わないワクチンDDS(Drug Delivery System)への活用など様々な可能性を秘めています。なお同社では、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)による平成28年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」助成事業(以下、STS)の採択を受け、光渦レーザーを利用したインスリン注入用マイクロニードルの事業化を進めています。

今回リアルテックファンドは、シンクランド社が第三者割当増資により発行する株式を引き受けるとともに、NEDOのSTSにおける認定VCとして同社の研究開発や販売・マーケティング活動等を支援していきます。

LINK :
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1399891