" />

REAL TECH FUND

リアルテックファンドから、免疫障害性統合失調症・自閉症の血液検査キットの実用化等、難病の治療最適化に取り組むRESVO社に出資を実施しました

2017.07.10
TwitterFacebook
resvo_release

株式会社ユーグレナインベストメント(本社:東京都港区、代表:永田暁彦)は、ベンチャーキャピタルファンド「リアルテックファンド」の新たな投資先として、免疫障害性統合失調症・自閉症の判別を行う血液検査キットの開発等を手掛ける株式会社RESVO(レスボ、以下「RESVO社」)への出資を実施したことをお知らせします。

精神・神経系の疾患である統合失調症や自閉症は、地域や人種を問わず全人口の約1%が発症する可能性があるといわれていますが、発症の原因が多様であり、明確な検査方法や根本的な治療方法が現在確立されていません。なかでも免疫障害性の統合失調症・自閉症の発症は、早期の治療介入による適切な処置によって重症化を防げる可能性があることが基礎研究により示唆されていますが、発症が免疫障害によるものかを判断する手段がありませんでした。
そのような中RESVO社では、免疫障害性統合失調症・自閉症の血液バイオマーカーを発見し、その発見を生かした免疫障害性統合失調症・自閉症の血液検査キットの実用化に向けた研究開発を行っています。この血液検査キットが実用化されると、免疫障害性統合失調症・自閉症の患者各人の症状に合わせたケアが可能となり、患者やその家族のQOL (クオリティ・オブ・ライフ)が向上することが期待できます。また、RESVO社は最先端の疾患プロテオミクス技術を保有しており、今後もさまざまな難病の治療法に関する研究開発に取り組んでいく予定です。
今回リアルテックファンドは、RESVO社が第三者割当増資により発行する株式を引き受けるとともに、研究開発に関わる助成金獲得やマーケティング活動等を支援します。

プレスリリース詳細はこちら: プレスリリースリンク