" />

REAL TECH FUND

(株)未来機械がリアルテックファンド等9者から約7億円の調達、海外メガソーラーパネル清掃ロボット量産へ

2018.08.30
TwitterFacebook
IMG_1576(Type1@Dubai)

リアルテックファンドの投資支援先第一号である株式会社未来機械が、既存株主である当ファンドに加え、四国電力、小橋工業など9者による総額約7億円の第三者割当増資を実施することとなりました。

未来機械は、2008年から世界に先駆けてソーラーパネル清掃ロボットを研究開発し、自律型でハンディータイプのソーラーパネル清掃ロボットを世界で初めて実用化し、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールなどの中東諸国で導入されています。

砂漠向けソーラーパネル清掃ロボットのニーズは、中東・インド地域等の砂漠地域での太陽光発電導入の飛躍的発展に伴い加速しています。これらの地域では発電所の規模も巨大化しており、ソーラーパネル清掃ロボットの必要性が高まっています。未来機械はこの市場動向を捉え、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)等からの支援を得て、新たに巨大太陽光発電所(10メガ~ギガワットクラス)向け大型の新機種の開発に2016年から取り組んだところ成功し、現地からの高い評価を得て量産化が待ち望まれています。そこで量産体制を整え、2019年から海外進出を本格化します。

◾️ニュースリリースの詳細は以下をご覧ください。

【PR TIMES】未来機械、四国電力ほか8者による総額約7億円の出資により、海外向け大型ソーラーパネル清掃ロボットを量産へ
【東洋経済 ONLINE】未来機械、四国電力ほか8者による総額約7億円の出資により、海外向け大型ソーラーパネル清掃ロボットを量産へ

 

◾️未来機械の詳細は以下ポートフォリオページをご参照ください。

ポートフォリオページ