REAL TECH FUND

jinki01

logo_jinki_0627

株式会社 人機一体

ロボティクスロボティクス
人型重機でフィジカルな苦役を無用とする

人機一体は、マスタスレーブシステムの技術を重作業や危険作業に用いられる大型重機の操作のために独自に発展させ、従来では特殊な技量が要求されていた大型重機の操作を直感的かつ精密に行うことを可能としました。この独自のマスタスレーブ技術を応用した人型重機を開発、社会実装することによって、人類の肉体的な苦役を無用にすることを目指しています。

SPECIAL INTERVIEW

jinkis_jinki
人型重機で人間を肉体的苦役から解放する。 株式会社 人機一体スペシャルトークインタビュー

TECHNOLOGY

01
CORE TECHNOLOGY
力順送型バイラテラル制御
従来の対称型、力逆送型、力帰還型では実現できなかった、スレーブ側の堅牢性とマスタ側の操作性の両立を実現する、新たな方式を開発しました。
jinki_portfolio_coretech_02
02
CORE TECHNOLOGY
パワーエフェクタ
力の伝達にフィルタをかけることで非線形的な反応を実現。大きなパワーと繊細な動きを両立させる技術を開発しました。
jinki_core02-1
03
CORE TECHNOLOGY
パワーペダル
不整地での安定的な歩行を可能にするとともに、搭乗者の下肢パワーを増強する技術を開発しました。
jinki_core03

COMPANY INFO

設立 2007年10月1日
代表者 金岡 克弥
資本金 2,072万円
事業内容 マスタスレーブシステムによる人型重機の開発・実用化
WEB http://jinki.jp
jinki_info01

金岡 克弥

我々は、機械の能力をロボット工学技術を駆使して万人が使えるようにすることで、世界からフィジカルな苦役を無用とし、世界を今よりも幸せな場所にしたいと思っています。

金岡 克弥

Growth Manager
VIEW

member3_5_

グロースマネージャー 室賀文治

世界中でロボットに対する研究が進んでおりますが、その多くは自律歩行ロボットやリハビリテーション向けの用途が中心です。一方で製鉄所や建設現場など過酷な環境で働く人々の数は国内だけでも、まだまだ多いのが現実です。当社は人々の苦役を解放させることを目的として、人が簡易に操作できる重機「人型重機」の開発を行っております。現在、2足歩行の人型重機を鋭意開発中であり、皆様に披露できるのを楽しみにしております。

グロースマネージャー 室賀文治

RECRUIT

当社の「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」ビジョンに共感できる方を募集しています