REAL TECH FUND

ory

logo_ory

株式会社オリィ研究所

ロボティクスロボティクス
会いたい人に会いに行ける、行きたいところに行ける

オリィ研究所社は遠隔操作で自由自在に動かせる世界初の小型分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を開発し、法人向けにレンタルサービスを行っています。「OriHime」とは、インターネット経由で分身ロボットの手・首の向きを自由に動かし、相手と会話ができる、利用者にとっての分身となるロボットです。例えば、入院中で学校に通えない児童が、学校の自分の席に置かれたOriHimeをiPad等のアプリで遠隔操作し、首の向きを変えて黒板や教室の様子を見渡したり、手を自由に動かしてジェスチャーを交えながら先生や友達と会話したりすることができます。

SPECIAL INTERVIEW

index_interview_oryindex_interview_ory
存在感の伝達で新しい社会参加のカタチをつくる 株式会社オリィ研究所スペシャルトークインタビュー

TECHNOLOGY

01
CORE TECHNOLOGY
テレプレゼンスロボットの研究開発
遠隔地にいる人をあたかも近くに存在しているかのように感じられる技術をテレプレゼンス(telepresence)といいます。当社はテレプレゼンスの研究を通じて、病気などのなんらかの理由で社会に参加できない人々に社会参加の機会を提供しています。
ory_core01
02
CORE TECHNOLOGY
誰でも容易に操作できるインターフェイスの研究開発
入院やALS(筋萎縮性側索硬化症)などで日常の行動が制限されている方にも操作が出来るようなインターフェイスの研究をしています。現在はALSの方でもコミュニケーションが出来るように、視線だけで文字入力ができる機能も開発中です。
ory_core02

COMPANY INFO

設立 2012年9月28日
代表者 吉藤 健太朗
資本金 1億3,982万円
事業内容 世界初の小型分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の開発
WEB http://orylab.com/
ory_info01

吉藤 健太朗

オリィ研究所は距離や身体的問題を克服し、 あいたい人に会え、 行きたいところに行ける 未来を実現します。

吉藤 健太朗

Growth Manager
VIEW

member3_4_

グロースマネージャー 長谷川和宏

疾病など、なんらかの理由でベッドから起き上がれない人々に社会参加の機会を与える事は、社会的にも大きな意義がある事業です。近年はネットが普及してコミュニケーションが希薄になりつつある時代ですが、当社は存在感を伝達する事の重要性を追求しており、当社は大きな社会課題解決の可能性を秘めている会社です。

グロースマネージャー 長谷川和宏

RECRUIT

分身ロボット「OriHime」を開発する機械・機構設計エンジニア、UI・Webデザイナー、インフラエンジニアを募集しています