REAL TECH FUND

ami_head

ami_logo

AMI株式会社

医薬・医療機器医薬・医療機器
超聴診器で急激な医療革新を実現する

AMI株式会社(以下AMI)は、心筋活動電位の発生タイミングとデジタル化された聴診音を抽出し合成することにより、高精度な心疾患自動診断アシストを実現する企業です。聴診音の自動解析については過去にも多くの研究がありますが実用化に至っていません。それは心音を音だけで解析するのは呼吸音だけでなく環境音・接触音・摩擦音などさまざまなノイズが入るからです。AMI社の開発した心疾患自動診断アシスト機器「超聴診器」は音響解析技術だけでなく心音を心電図と同期させる独自のアルゴリズムにより、今後は心臓弁膜症などの心疾患の診断を格段に容易にすることが期待されます。

TECHNOLOGY

01
CORE TECHNOLOGY
自動診断アシスト機能のベースとなる解析技術
聴診音と同時に取得した心電から心筋活動電位の発生タイミングを同定します。それをトリガーとして独自のアルゴリズムで処理した心音と音響解析技術で異常心音を検知し、心臓弁膜症などの心疾患の自動診断アシストを可能としました。
ami_core01
02
CORE TECHNOLOGY
センシング技術
AMI社は患者さんへの負担が少なくかつノイズを極小化できるパッドを開発し、また電極間が狭い範囲でも電位差を大きくする技術を開発することに成功したため、安定的な心筋活動電位や心音のセンシングを実現しました。遠隔地でもパッドが患者さんに接触したことを検知する機能を設け、遠隔医療の実現に向けて開発を進めています。
ami_core02
03
CORE TECHNOLOGY
生体音をリアルタイムに送受信する遠隔医療対応ビデオチャット
既存の遠隔医療対応サービスでは聴診音をはじめとした生体情報を正確に送ることが課題です。これは人の声と生体音の周波数が異なることが一つの原因と言われています。AMI社は生体音情報をリアルタイムにやりとり可能な遠隔医療対応ビデオチャットシステムを開発しました。今後は遠隔医療x産業医、遠隔医療x健診前健診、AIx保健指導システムを実装し、誰もが簡単に最適な医療を受けることができる世界を実現していきます。
ami_core03

COMPANY INFO

設立 2015年11月2日
代表者 代表取締役 小川 晋平
事業内容 心疾患自動診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器の開発・販売
WEB http://ami-kumamoto.com/
ami_pre

代表取締役 小川 晋平

AMI株式会社は急激な医療革新 (Acute Medical Innovation) の実現を目指しています。心疾患自動診断アシスト機能付遠隔医療対応聴診器の開発・販売 の開発だけでなく、独自の遠隔医療サービスも開発いています。各自治体・医療期間・企業と連携を取りながら、実用化に向けて進めていきます。

代表取締役 小川 晋平

Growth Manager
VIEW

member_10

グロースマネージャー 木下 太郎

AMI社は突然死の原因となる心臓弁膜症の自動診断をアシストする超聴診器を開発しています。これにより、熊本地震のような専門の医師がいない環境での適切な診察、離島や過疎地における遠隔医療、医師やコメディカルの負担軽減が期待され、将来的には血圧計のようにこれまで医師が行っていたものを家庭で気軽に測定できる世界の実現が期待されます。AMIが目指す「急激な医療の革新」に向けて、リアルテックファンドは全力で支援してまいります。

グロースマネージャー 木下 太郎