REAL TECH FUND

株式会社aba

ロボティクスロボティクス
医薬・医療機器医薬・医療機器
AIAI
排泄センサーで介護現場における最大のペインを解消する

 介護現場において最重要課題でもある「排泄ケア」は、今なお適時的確なケア(オムツ交換など)が実行できていない介護現場が多いのが現状です。例えば、無駄に終わってしまう定時確認(空振り)や尿便もれなどを通して、介護者は自分自身を責めてしまい、モチベーションの低下につながっています。それらも要因となり、3年以内に離職する介護者の割合は7割を超えています。また要介護者にとっても、不必要にオムツを開閉される、オムツから尿や便が漏れる、といったトラブルにより、尊厳の保持が困難になり、QOL(Quality of Life)が低下するケースが多発しています。

 当社は排泄センシングおよびパターン解析によって、介護者・要介護者の精神的・肉体的負担の解決を目指し、要介護者の排泄状態を検知・記録できるデバイスを開発しています。現在は「においセンサ」で便と尿を検知し、要介護者に負担を与えない形状のプロダクト「Helppad」を大手ベッドメーカー・パラマウントベッド株式会社と共同開発し、既に販売開始しています。(WEBサイト: https://helppad.jp

 介護現場に必要とされている次世代プロダクトをこれからも開発し続け、さらなる業務負担の軽減・ケアの質向上を実現することが期待されます。

TECHNOLOGY

01
CORE TECHNOLOGY
非侵襲・非接触なにおいのセンシング技術
abaは、においで排泄を検知するため要介護者に対して非接触・非侵襲である排泄センサ開発しました。これにより、排泄業務時の交換作業や要介護者の肌トラブルなど身体的な影響が軽減されます。介護現場でも日常的に使用される防水シートを参考にしており、介護者にとってもユーザビリティが高いプロダクトを開発しています。
02
CORE TECHNOLOGY
検知データ蓄積と排泄検知アルゴリズム技術
検知データの蓄積および、それらの分析を通して、介護者は要介護者の排泄リズムを把握することが可能になります。このパターン表の作成を通して、空振りに終わっていたおむつ交換を低減し、負担の軽減を実現します。 また、センサデータが蓄積され、それらのデータを機械学習することによって、排泄検知の精度はより精緻なものへと変化し続けます。

COMPANY INFO

設立 2011年10月
代表者 宇井 吉美
事業内容 医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス提供
WEB http://aba-lab.com/

宇井 吉美

「オムツを開けずに中が見たい。」という介護職の方から頂いたひと言から、排泄センサの開発は始まりました。 濡れセンサ技術や超音波技術ではなく、においに着目した排泄センサ「Helppad(ヘルプパッド)」を製品化することができ、介護現場からの意見に正面から向き合い続け、形状はシート型を採用し、体への非装着を実現しました。 また,尿と便どちらも検知可能なHelppadは、徐々に介護現場に浸透しています。 さらに激化していく介護現場において、誰もが自分らしく生きられる「よく生きよく死ぬ未来づくり」を実現できるよう、これからますます加速するabaにご期待下さい。

宇井 吉美

Growth Manager
VIEW

グロースマネジャー 熊本 大樹

平成が令和時代に託した大きな課題の一つが「介護」にあります。技術代替が激しく進む昨今の他業界とは異なり、イノベーションが起きづらい状況を打破できるのは、現場を深く理解し、強いビジョンを持つチームだと信じております。aba社の高い技術力と確固たるビジョンが国内外の介護業界をアップデートすることを期待し、全力で支援してまいります。

グロースマネジャー 熊本 大樹